鉄斎美術館

清荒神清澄寺 TOP  »  鉄斎美術館  »  清荒神と鉄斎

清荒神清澄寺
兵庫県宝塚市米谷字清シ1番地
(阪急宝塚線清荒神駅下車)

【TEL】0797-86-6641
【FAX】0797-86-6660
お電話でのお問い合わせは、9時~17時の間にお願いします。

鉄斎美術館

【TEL】0797-84-9600
【FAX】0797-84-6699
お電話でのお問い合わせは、10時~16時の間にお願いします。

※おかけ間違えのないようご注意ください。

清荒神と鉄斎

清荒神と鉄斎

清澄寺の第37世法主光浄和上(1875~1969)は、当時、名物といえば歌劇しかなかった宝塚に、宗教と芸術文化の花を咲かせる理想の聖域を創造したいという念願をもっていました。 光浄和上と富岡鉄斎(1836~1924)は、ともに京都に生まれましたが、初めての出会いは大正11年(1922)夏、鉄斎87歳、光浄和上48歳の時でした。鉄斎芸術に深く傾倒した和上は、作品の蒐集とその研究に生涯を捧げました。

その遺志は第38世光聰和上(1927~1995)に受け継がれました。両和上は、フランスのギメ美術館、アメリカのボストン美術館、東京国立博物館、東京国立近代美術館、京都市美術館など国の内外の機関に作品を寄贈し、また当山コレクションによる鉄斎展をアメリカのニューヨークをはじめ、イタリア、ドイツ、イギリス、中国などで、国内各地では昭和11年(1936)から現在まで開催しています。光浄和上は自ら海外の展覧会場を訪れ、鉄斎の平和精神と「三宝三福」の真理を説くなど世界の人々と広く交流を持ち、いつのころからか清荒神清澄寺は、「鉄斎寺」として世界的に知られるようになりました。また光聰和上は鉄斎の賛文を解読する研究誌「鉄斎研究」(1~71号)を発刊し、さらに昭和50年(1975)鉄斎美術館を開館しました。

現法主第39世光謙和上は、作品の収蔵、保管のため平成11年(1999)に美術館に併設する収蔵庫を建設し、現在に至っています。

▲ページトップへ