鉄斎美術館

鉄斎美術館展覧会

鉄斎と茶の湯

会期

前期:2019年4月6日(土)~5月12日(日)
後期:2019年5月17日(金)~6月23日(日)

会場 鉄斎美術館別館「史料館」
開館時間 午前9時30分~午後4時30分
休館 会期中無休
ただし5月13日(月)~16日(木)は展示替えのため休館
入館料

無料

展覧会の見どころ

近代文人画の巨匠・富岡鉄斎(1836~1924)は、煎茶文化に造詣が深いことで有名ですが、その一方で、茶の湯の世界にも精通し、関係の作品を数多く遺しています。千利休をはじめとする茶人の肖像、著述、茶室などを考証して、根底に流れる精神を理解することに努めました。また、茶法にとらわれない茶人・丿貫(へちかん)や豊臣秀吉が催した北野大茶会などの逸話を愛しました。鉄斎が京都の名工たちと合作した道具類と、茶の湯にまつわる書画をお楽しみください。

主な展示作品

菟道製茶図・粟田陶窯図 明治2年(1869) 対幅
茶事秘録豊公秘話図 明治時代 掛軸
宗旦狐図 明治時代 掛軸
千利休像 明治時代 掛軸
北野大茶湯図 明治40年(1907) 額
庸軒茶博赴堅田詩幅・同図 明治44 年(1911) 対幅
梅山幽趣図 大正4年(1915) 掛軸
休師訪丿貫図 大正4年(1915) 掛軸
松絵釜 銘松風 大正12年(1923) 富岡鉄斎筆・三代高木治良兵衞作
吉野山絵茶碗 大正時代 富岡鉄斎筆・英昌堂泰山作

次回展覧会

「鉄斎の花鳥画」

前期:2019年6月28日(金)~8月1日(木)
後期:2019年8月19日(月)~10月1日(火)

会場:鉄斎美術館別館「史料館」(入館無料)