聖光殿 鉄斎美術館

鉄斎美術館展覧会

「鉄斎の旅―足跡、天下に遍し―」

会期

2018年4月1日(日)~6月17日(日)

前期:4月1日(日)~5月6日(日)
後期:5月12日(土)~6月17日(日)

時間 午前10時~午後4時30分
(入館は午後4時まで)
休館 月曜日休館
ただし4月30日は開館、翌日休館
展示説明会 下記の日程で学芸員による展示説明会があります。
4月7日・21日、5月26日、6月9日
各土曜日午後1時30分より
入館料 一般:300円
高・大生:200円
小・中生:100円
※老人・障害者手帳を提示の方、各々半額。

展覧会の見どころ

近代文人画の巨匠・富岡鉄斎(1836~1924)は、若い頃より旅が好きで、北は北海道から、南は鹿児島まで、全国に足跡を残しています。鉄斎を旅に駆り立てた目的は、名所旧跡を巡る物見遊山ではなく、先哲を弔い、地理・歴史・風俗を研究することにありました。胸中に刻み込んだ風景を自ら選ぶ《扶桑勝区帖》《名所十二景図》、土地の人々の生き生きとした生活を捉えた《三津浜漁市図》《蝦夷人鶴舞図》など、旅先で得た経験と知識を作品の中に表現しています。そして数え89歳で亡くなるまで、かつての足跡を追憶し、富士山をはじめ日本の景を描き続けました。

展覧会のサブタイトルである「足跡、天下に遍(あまね)し」は、旅に明け暮れる鉄斎に友人・江馬天江が刻して贈った印章の印文です。鉄斎はこれを誇りとし、生涯愛用しました。本展では、鉄斎が描いた名所旧跡の名品とともに、その足跡を辿る旅へとご案内します。絵図、旅行記、遺愛品も併せてお楽しみください。

主な展示作品

寒江万里図 明治6年(1873) 38歳 額
三津浜漁市図 明治8年(1875) 40歳 掛幅
日本絵図 明治9年(1876) 41歳 掛幅
扶桑勝区帖 明治11年(1878) 43歳 画帖
池大雅高芙蓉韓大年遊岳図 明治17年(1884) 49歳 掛幅
蝦夷人鶴舞図 明治時代 40歳代 掛幅
楠妣庵図 明治27年(1894) 59歳 掛幅
鳩峰・五瀬・春日三景図 明治時代 50歳代 掛幅(三幅対)
名所十二景図 明治37年(1904) 69歳 六曲屏風(一双)
耶馬渓図 明治~大正時代 70歳代 掛幅
大原邨婦図 大正7年(1918) 83歳 掛幅
富士山図 大正13年(1924) 89歳 額

次回展覧会

「鉄斎―文人多癖―」

会期: 2018年9月11日(火)~11月25日(日)