鉄斎美術館

清荒神清澄寺 TOP  »  鉄斎美術館  »  展覧会のご案内

清荒神清澄寺
兵庫県宝塚市米谷字清シ1番地
(阪急宝塚線清荒神駅下車)

【TEL】0797-86-6641
【FAX】0797-86-6660
お電話でのお問い合わせは、9時~17時の間にお願いします。

鉄斎美術館

【TEL】0797-84-9600
【FAX】0797-84-6699
お電話でのお問い合わせは、10時~16時の間にお願いします。

※おかけ間違えのないようご注意ください。

展覧会のご案内

富岡鉄斎生誕180年記念「鉄斎-われ、丙申に生まる-」

会期:2016年9月6日(火)~11月27日(日)

 前期:9月6日(火)~10月16日(日)
 後期:10月21日(金)~11月27日(日)

午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

月曜日休館
ただし9月19日、10月10日は開館、翌日休館

※下記の日程で学芸員による展示説明会を行います。

9月17日、10月1日、29日、11月12日の各土曜日午後1時30分より

入館料:一般300円、高・大生200円、小・中生100円
※老人・障害者手帳を提示の方、各々半額とします。

展覧会の見どころ


(画像クリックでチラシダウンロード)

近代文人画の巨匠と謳われる富岡鉄斎(1836~1924)は、天保7年12月19日に生まれました。60年を周期とする干支では丙申(へいしん・ひのえさる)の年、生日は奇しくも鉄斎が敬愛した宋代の文人・蘇東坡と同じ日でした。

平均寿命が50歳にも満たなかった時代にあって、鉄斎は89年の長寿を全うします。「俗を嫌い、権門に屈せず、富貴に媚びず」という清廉な姿勢を貫いた鉄斎の画に人々は魅せられ、仙境図や不老長寿・子孫繁栄などを願う吉祥画から、賀寿の喜びを享受しました。

鉄斎自身も古稀(70歳)を迎えたころから年齢を強く意識し、作品のなかに中国の古典から得た様々な年齢表記をしています。また干支、生日、年齢にちなむ「丙申生」「東坡同日生」「九十翁」といった用印からは、長寿や奇縁を喜ぶ鉄斎の姿を見ることができます。

生誕180年記念の掉尾を飾る本展では、61歳から鉄斎最晩年の「九十落款」までの名品の数々をご覧いただきます。60年に一度の「丙申」の年の企画をお楽しみください。

主な展示作品

還暦祝寿図 1896年 61歳 掛幅
寿山福海図 1899年 64歳 三幅対
富士山図 1912年 77歳 掛幅
万世不易平安城図 1915年 80歳 掛幅
蘇子笠屐図 1917年 82歳 掛幅
輞川雪景図 1919年 84歳 掛幅
瀛洲僊境図 1923年 88歳 掛幅
南極仙図 1923年 88歳 掛幅
寿老人像 1924年 89歳 掛幅
千歳桃図 1924年 89歳 掛幅
扶桑神境図 1924年 89歳 掛幅

お知らせ

11月19日(土)、20日(日)は「関西文化の日」に参加しています。(入館料無料)

次回展覧会

「鉄斎の器玩-四季を愛でる-」

会期: 2017年1月5日(木)~2月12日(日)

鉄斎美術館 冬期休館

2016年11月28日(月)~2017年1月4日(水)は冬期休館いたします。

鉄斎美術館・宝塚市立中央図書館(聖光文庫)共催企画

第5回聖光文庫文化講座(聴講無料・要申込)

第1講 「雪舟と鉄斎」 影山純夫氏(神戸大学名誉教授)

第2講 「鉄斎が顕彰する歴史」 高木博志氏(京都大学人文科学研究所教授)

日時

2016年12月4日(日) 午後1時30分~午後4時

会場

宝塚市立中央図書館


(画像クリックでチラシダウンロード)

鉄斎美術館・宝塚市立中央図書館聖光文庫共催企画展

「富岡鉄斎の妻・春子-歌をよみ、土にあそぶ-」

期間

2016年12月4日(日)~2017年2月9日(木)

開室時間

午前10時~午後5時

休館日

水曜、第2金曜、年末年始(12月28日~1月4日)

会場

宝塚市立中央図書館聖光文庫(入場無料)

▲ページトップへ