行事案内

地蔵盆大施餓鬼会

8月24日

地蔵菩薩の縁日である8月24日に、死後に餓鬼道に堕ちた衆生のために食物を布施しその霊を供養する法要です。地蔵菩薩はサンスクリット語でクシティ・ガルバと言い、クシティは「大地」、ガルバは「胎蔵」(生命の源)を表し、大地が全ての命を育むように、苦悩する人々をその無限の大慈悲の心で包みこみ、救うところからこの名が付けられたといわれています。また施餓鬼は、釈尊の弟子である阿難尊者が、一切の餓鬼に食物を布施し供養して、死を逃れ長寿を得たことに由来しています。

2021824日(火)の地蔵盆・大施餓鬼会は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、中止いたします。
※施餓鬼法要・塔婆供養は僧侶のみで行いますので、参拝の皆様の参列はご遠慮ください。小法話・お供物の授与もございません。

期間限定 塔婆供養の申込受付

毎年7月初旬~8月24日午前11時まで、塔婆供養の申込受付をしております。
御先祖様を御供養して、今生かされている事に感謝いたしましょう。