行事案内

弘法大師降誕会

6月15日

本堂での理趣三昧法要

宗祖弘法大師空海のご生誕を祝う法要で「青葉まつり」とも言います。

大師は宝亀5年(774)香川県善通寺で誕生されました。31歳のとき唐に渡り、密教の全てを学んで、長安・青龍寺(しょうりゅうじ)の惠果阿闍梨より伝法灌頂(でんぽうかんじょう)を伝授され「遍照金剛(へんじょうこんごう)」の灌頂号を与えられました。帰国後は高野山を修行の根本道場として開創し、真言宗の教えである「真言密教」を広められました。また、香川県の満濃池の改修工事、京都に日本初の庶民の教育機関「綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)」を創設するなど、優れた社会事業家としても知られています。

6月15日 11時より

本堂にて理趣三昧法要
その後、立像前にて読経、小法話、参詣人にお供物授与

修行大師像前での読経、小法話、お供物授与