行事案内

荒神星祭・大福火

2月 節分の日(2021年は2月2日)

荒神星祭

本年の当り星(当年星)を祭り、凶年の方は悪事災難を除き、吉年の方は益々招福するように祈願する法要で、節分の日(2月3日)は午前と午後に大般若経転読法要が行われます。

2月3日~5日は夕刻より星供祈願会(ほしくきがんえ)が行われ、期間中(12月23日~2月5日)に星祭を申し込まれた方々のお名前を読み上げて、ご祈祷いたします。

ご祈祷後は大般若経転読法要が奉修されます。

また、2月3日の法要後には、仏教を護る十二の仏、荒々しい神・鬼神を供養するための神供(じんく)と言われるお勤めも行います。鬼神はお堂に入れないので、お堂の外で東に向かい、お米や小豆など様々なお供物を捧げます。

 

2月節分(2月3日頃) 10時と14時より

※2021年は2月2日10時と14時より

拝殿にて大般若経転読法要

 

2月節分(2月3日頃)~3日間 夕刻より

※2021年は2月2日・3日・4日の夕刻より

拝殿にて星供祈願会、大般若経転読法要

 

大福火

節分の日には「大福火(だいふくび)」を焚いて、古い御札、御守、吉兆などを納めていただき、その火にあたって福を授かるという風習があります。

2月節分(2月3日頃)

※2021年は2月2日・3日の2日間、8:00~17:00頃まで

山門横にて大福火