鉄斎美術館からのお知らせ

鉄斎美術館からのお知らせ

「鉄斎の器玩―煎茶皆具の世界―」展、まもなく開催!

1月5()から、鉄斎美術館にて「鉄斎の器玩―煎茶皆具の世界―」展がはじまります。

今回の見どころは、近代文人画の巨匠・富岡鉄斎(18361924)が、江戸時代の煎茶中興の祖・売茶翁愛用の茶具を復元した≪煎茶皆具≫です。京都の名工たちが手がけた茶具に鉄斎が絵や書を施した合作となっていて、煎茶碗をはじめ、涼炉や急須、建水など、一式となる全25点をご覧いただきます。

新春にふさわしい華やかな器玩や書画作品もあわせて展示しています。清荒神へ初詣の際は、ぜひ美術館にもお立ち寄りください!(211(日・祝)まで開催)

展覧会の詳細はこちら

鉄斎美術館・宝塚市立中央図書館共催企画展「蘇東坡と鉄斎の世界」、開催中!

12月3日(日)より、宝塚市立中央図書館聖光文庫(阪急清荒神駅前)において、鉄斎美術館・宝塚市立中央図書館共催企画展「蘇東坡と鉄斎の世界」を開催しています。
 中国宋代の政治家で詩人として名高い蘇東坡(蘇軾)といえば、『春夜』、『赤壁賦』など、古典の教科書で親しんだ方も多いのではないでしょうか。また豚肉を調理した中華料理「東坡肉」(トンポーロウ)の考案者としても知られています。

その蘇東坡をこよなく敬愛したのが、近代文人画の巨匠富岡鉄斎(1836~1924)でした。蘇東坡生誕980年を記念して開催される本共催展では、鉄斎美術館所蔵の富岡鉄斎旧蔵資料、関連作品を中心に東坡の世界をご覧いただきます。会期は2018年2月11日(日・祝)までです。年末年始の図書館休館日をご確認のうえ、ご来館ください!

4 / 41234